1. HOME
  2. 丸亀市からのお知らせ
  3. 児童扶養手当

児童扶養手当

児童扶養手当について

児童扶養手当制度とは
ひとり親家庭の生活の安定と自立を促進し、児童の健やかな成長を願って支給される手当です。
◇支給要件
母子家庭
次のいずれかに当てはまる児童を監護している母、または母に代わって養育している方(養育者)
1.父母が離婚した後、父と生計を別にしている児童
2.父が死亡した児童
3.父が重度の障害の状態にある児童
4.父の生死が明らかでない児童
5.父に1年以上遺棄されている児童
6.父が母の申立てにより保護命令を受けた児童
7.父が引き続き1年以上拘禁されている児童
8.母が婚姻によらないで懐胎した児童
父子家庭
次のいずれかに当てはまる児童を監護し、かつ生計を同じくしている父、または父に代わって養育している方(養育者)
1.父母が離婚した後、母と生計を別にしている児童
2.母が死亡した児童
3.母が重度の障害の状態にある児童
4.母の生死が明らかでない児童
5.母に1年以上遺棄されている児童
6.母が父の申立てにより保護命令を受けた児童
7.母が引き続き1年以上拘禁されている児童

ただし、次の場合は手当は支給されません。
●児童が里親に委託されたり、児童福祉施設等に入所しているとき
●児童や手当を受けようとする父もしくは母または養育者が日本国内に住んでいないとき
●父または母が婚姻しているとき(婚姻の届け出をしていなくても、事実上婚姻関係と同様の事情にあるときを含む)
●平成15年4月1日以前に支給要件に該当してから5年を経過しているとき(母子家庭の場合のみ該当。旧法による請求期限の時効が成立しているため)

◇支給対象児童の年齢
満18歳に達した最初の3月31日までの間にある児童。ただし児童が政令で定める程度の障害(特別児童扶養手当支給要件程度)がある場合は20歳未満まで。

児童扶養手当額、申請手続きについて等
詳細は【丸亀市公式サイトリンク】をご覧ください。
↓↓↓
児童扶養手当11月10日最終更新日

丸亀市からのお知らせ

丸亀市からのお知らせ一覧